oicchimouseのおいっち・にー・さん・しー

図書館と絵本。子育て中のちょっとしたアイデアや趣味のことなど、日々の好きなものあれこれ。専属作家〈うさみ・うさ〉による読み物も販売中。

数学はロマンでメルヘンで哲学『すうがく博物誌・上』

広告

【今日のおすすめ絵本】(対象…?)

f:id:oicchimouse:20230302224333j:image

『すうがく博物誌・上』

森毅 著

安野光雅 画

童話屋

 

 

数学者はよく、「こうなることは明らか」などと言う。

実際のところは、そうしたものはたいてい、わかってしまうと明らかだが、わからない間は少しも明らかでない。

わかった人には易しいことだが、易しすぎて明らかなものほど、わかりにくいものだ。

それぐらいなら、いろいろと計算したりしてやっとわかる、難しいことのほうが、ずっとわかりよい。
(【明らか】の項より本文ママ)




数学者の森毅さんが[あ]〜[こ]までで始まる数学に関係した言葉について解説(?)し、その一つ一つに安野光雅さんが挿絵をつけた本です。

 

一つの言葉につき、1ページの解説になっているのですが、まるで美しい詩集のよう。

 

文章は数学的であると思いきや、急にロマンティックになったり、哲学的になったり、クスッと笑えるユーモアがそこらじゅうに散りばめられていたり…と、作者のお二人の激しい情熱が本からこぼれ出ています。

 

まだまだ、語りたりない!もっともっと数学についてしゃべりたい!と本が騒いでいるようにすら見えます。

 

[あ]の項目にはさりげなく挿絵を担当されている【安野光雅】の文字が…笑

どんなことが書かれているかは、読んでからのお楽しみです。

 

次回「下巻」に続きます⬇︎

 

oicchimouse.com

 

*現在は上巻・下巻が一冊にまとまって、新装版になっているようです⬇︎

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
人気ブログランキング