oicchimouseのおいっち・にー・さん・しー

oicchimouseの森の図書館員がめくるめく絵本の世界をご案内いたします。お子さまも大人の方もどうぞひと休みしていってくださいな。

『あさですよよるですよ』

広告

【今日のおすすめ絵本】(対象…2歳頃〜)

f:id:oicchimouse:20220921230151j:image

『あさですよよるですよ』

作・絵…かこさとし

福音館書店

 

あさですよー おきなさーい

 

かあさんの こえに とびおきて

 

かおを あらって たいそうをして

 

それから みんなで おてつだい

 

ゆっくり しょくじを とってから

 

それでは いってまいります(本文より)

 

おまめさんの家族の、朝起きてから夜寝るまでの一日が細かい部分まで非常に丁寧に描かれています。

 

ストーリーはいたってシンプルですが、「朝起きて、朝ごはんを食べて、幼稚園や保育園に行って…」という流れは、まさに読んでいる小さい読者の一日そのものです。

 

そしてそのことに小さい読者は安心し、共感し、嬉しくなるのです。

 

この絵本は子供の心に真摯に向き合い、優しく寄り添っているとても素敵な作品です。

 

また、読んでいて心地のよいリズムで区切られた文章は、わらべ歌や手遊び歌のようにも聞こえ、小さい子どもには親しみやすく、読んでいる大人の心も穏やかにしてくれます。

 

野菜でできた自動車

 

おまめの皮でできた園の遊具

 

可愛らしい家の中の家具

 

壁に飾られた不思議な絵

 

どれも子供たちの興味をそそるものばかりです。

 

「ここにこんなのがある」

「このおまめさんがこんなことしてる」

 

など、読むたびにたくさんの発見があります。

 

短い絵本ですが、ぜひお子さんと一緒にゆっくりゆっくりページをめくって、お話しながら楽しんでください。

 

小学生くらいのお子さんや、大人の方にもほっと一息つきたい時におすすめです。